自分で血圧を測定する女性
色々な薬のケース

社会人になってから高血圧になる人は非常に多いです。
その理由は、社会人になるとお酒を飲めるようになるためです。
お酒はコミニュケーションツールにもなるため、歓迎会や忘年会、接待など様々な場面で用いられます。
アルコールは一時的に血圧を下げることができますが、日本酒を1合あるいはビール1瓶、ウィスキー2杯分飲んでしまうと血圧が上がります。
特にお酒を飲んで赤くなる人は、アルコールを分解するアセトアルデヒドの働きが弱いので、短期間で血圧が急上昇する可能性もあります。
日本人は体質的にお酒に弱いですが、日常的に飲酒すると赤くならなくなりお酒に強いと勘違いしているケースもあります。
またお酒の飲みすぎはむくみの原因にもなります。
むくみの解消ならラシックスを使うと良いでしょう。

また社会人は自分のことは全て自分で管理するため、学生時代のように母親が栄養バランスのとれた食事を作ってはくれません。
仕事で忙しいと、自炊するのをやめてコンビニ弁当や外食で済ますこともあります。
手軽に食事ができて便利ですが、塩分をたくさん摂りすぎている可能性があります。
血液中の塩分濃度が高くなると、薄くするために体中の水分を集めます。
この時に高血圧になり、慢性的な高血圧は脳梗塞や心臓病の原因となります。
日本人は1日に6g未満しか食塩を摂取しないのが理想的な食生活で、醤油や味噌汁、漬物などバランスが良いとされる和食にも多く含まれているので注意が必要です。
さらに重いプレッシャーによるストレスで高血圧になることもあります。
社会人生活を通してストレスを溜め込んでしまうと、交感神経が常に優位になって血管が収縮します。
血液の通り道が狭いと流れる時の圧力も大きくなります。
アダラートやノルバスク、またテノーミンのような薬を服用するのも手です。
ノルバスクは安全性が高い高血圧薬で、長時間作用効果があります。
テノーミンでは主成分であるアテノロールの効果で高い血圧を改善することができます。
また薬で治すのも大事ですが、プレッシャーに負けない精神力を養ったり、ストレスを発散する方法を見つけるのが良いとされています。

記事一覧
患者の血圧を測定する医者

高血圧で病院を受診してお薬を出してもらったとしても、医薬品だけでパーフェクトな改善は見込めないです。...

血圧を測定している医者

高血圧になると粘膜にも異常が生じるので、クリーゼに悩まされる可能性も高まります。 当然、急性心不全に...

血圧測定器

日本人の三大死因はがん、脳卒中、心筋梗塞です。 これらの病気は生活習慣が原因です。 栄養の偏り、お酒...

薬を飲む女性

高血圧は体に様々な悪影響を及ぼします。 その代表格として動脈硬化があります。 高血圧は動脈硬化のリス...

人気記事一覧