自分で血圧を測定する女性
  • ホーム
  • クリーゼと急性心不全に悩む高血圧の薬剤と柑橘類

クリーゼと急性心不全に悩む高血圧の薬剤と柑橘類

血圧を測定している医者

高血圧になると粘膜にも異常が生じるので、クリーゼに悩まされる可能性も高まります。
当然、急性心不全に見舞われる可能性もありますし、高齢者になるほどリスクは高くなります。
そこで、正しく薬を服用して治療に専念する必要があるのですが、薬剤治療を施している場合には口にする食べ物に注意しなければなりません。
特に、グレープフルーツといった柑橘類とは相性が好ましくない薬が多いので、気を配る必要性があります。

高血圧の薬に限った話ではないのですが、薬の中に含まれている成分の中にはグレープフルーツに含まれている成分と相性が悪いものがあるのです。
想定よりも効果が出すぎてしまったり、全く効果が得られないこともあります。
時には、薬剤が人体内で分解されることなく、いつまでも身体の中に残留してしまう恐れもあるのです。
常に強い薬効がある成分が体内に存在し続けるということは、副作用に襲われる危険性も高まるため危険が伴います。
薬の作用というのは、中には2日間から4日間程度継続するものもあるのですが、グレープフルーツが及ぼす影響というのは摂取してからおよそ24時間継続するため、影響が及ばないように食すということは難しいのです。
しかも、たとえ少量を食したとしても悪影響が避けられるわけではない上に、産地や銘柄によっても内容成分が若干異なるので医師が事細かく指示することはできません。

好物であるという方は、高血圧対策として薬剤を飲んでいる時は我慢するしか方法がありません。
ただし、柑橘系であったとしても悪影響が及ばないものもあります。
それはレモンやカボス、マンダリンオレンジや温州みかんが挙げられます。
しかし、最も好ましいのは柑橘類自体を避けるということでしょう。

関連記事
  • 血圧測定器
    高血圧の基準値とは? 日本人の三大死因はがん、脳卒中、心筋梗塞です。 これらの病気は生活習慣が原因です。 栄養の偏り、お酒... 2019年06月12日
  • 薬を飲む女性
    高血圧になる人の特徴と防ぐためには? 高血圧は体に様々な悪影響を及ぼします。 その代表格として動脈硬化があります。 高血圧は動脈硬化のリス... 2019年05月26日
人気記事一覧